西川史子が緊急搬送!原因は右脳内出血で緊急手術の末 一命を取り留める

西川史子さん(50)が右脳内出血により緊急手術を受けていたことがわかりました。

右脳内出血とは脳内の血管が破れて出血を起こす現象で、現象が起こる条件としては、過労や精神興奮状態、入浴中などにより高血圧になることが挙げられます。

日本人の死因TOP5に入るのが脳血管の病気で過去3年でも常に死因のTOP5に入っています。

後遺症が残る場合もあり、その場合は運動障害、構音障害、嚥下障害など一部分の体が思うように動かせなくなったりします。

西川さんは幸いにも西川さんのマネージャーが異変に気づき、警察に通報、その後病院に搬送されたという。

西川さんの緊急手術の報道を受けて、以下のようなコメントが上がっている。

「もう50歳か。その歳なら病気になってもおかしくないよな。気をつけよう」

「一人暮らしだと誰も気付けないよな。そう考えると怖い。。。」

「本当によかった!マネージャー!グッジョブ!」

「医者でもこういう風になるんだね。気をつけないと。」

「西川さん、最近コロナワクチン受けたからそれが原因かと思った。」

「脳卒中って身近にある病気なんだよね。コロナだけ気をつければいいってわけでもない」

「もしかして、あの注射が原因なのかな?」

「脳梗塞でなくてよかった。お大事に!」

「右脳内出血って、、ワクチンの副反応ですね。大丈夫か?」

「マネージャーのファインプレー!」

「やっぱり独身って怖いね。」

「入浴中じゃなくてマジでよかったわ!体に気をつけて!」

5時間に及ぶ緊急手術は無事成功したという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA