東京2020パラリンピックの開会式でブルーインパルス再び

東京2020パラリンピックは2021年8月24日(火)から2021年9月5日(日)まで開催されます。

東京2020オリンピックで東京上空にブルーインパルスが登場しましたが、東京2020パラリンピックでも再び登場しました。

ブルーインパルスは6機が東京上空を飛び、アクロバットを披露してくれます。

3色の煙を飛行機から放出し、まるで虹を描くようにアクロバットしながら大空を飛ぶ演出が人々の心を惹きつけてくれます。

東京オリンピックの時よりもよく見えたという声も。

ブルーインパルスはYoutube動画で挙げられた映像や実際に生で見た人たちか以下のようなコメントが寄せられています。

「操縦してる人は何度も厳しい訓練を受けて、すごい集中力で操作してるんだろうな。」

「これは鳥肌もの!ブルーインパルスかっこ良すぎる!」

「ブルーインパルスを観に国立競技場の密が半端なかった!」

「ただ飛行機飛ばして煙出してるだけだろ。税金の無駄」

「これ国の命令でやってるんだろ?」

「素直に技術がすごいって言えんのか。なんだこのコメント欄は。」

「ブルーインパルス超かっこいい!好き!」

「こうゆうの見て、航空自衛隊に入る子供達が増えるだろうな。」

「ブルーインパルスすごい!けどマスクガバガバ。これが感染増加につながる」

「緊急事態宣言出すくせにブルーインパルス見て密になる人たちはいいのか」

「いったいこの人たちはどれほどの鍛錬を積んできたのだろう。素直に尊敬する」

と、ブルーインパルスの感動とコロナ感染についてのコメントが多く寄せられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA