北海道で緊急事態宣言が発令!いつから施行が実施される?旅行のキャンセル相次ぐ

北海道で緊急事態宣言が発令されました。政府は8都道府県に対して緊急事態宣言を発令。

そのうち北海道も含まれることとなりました。

コロナワクチン接種のため集団予防接種会場で働く看護師がコロナに感染しクラスターが発生するなど

札幌市では289人のコロナ感染者が出ました。

北海道全体では、568人がコロナに感染し、うちデルタ株が231人となります。

この緊急事態宣言は2021年8月27日から9月12日までを期間とし、北海道も追加の対象となりました。

札幌市の秋元氏は「夏休み前から緊急事態宣言を発令すべきだった。対応が遅れてしまった。」とコメントしている。

今回の緊急事態宣言に対して、以下のようなコメントが寄せられています。

「緊急事態宣言の重みが薄れてきているよね」

「医療整えて検査と隔離を徹底しないと」

「これだけ毎日観光客が来ててさ。たかだか数週間でなにが変わるの?本当に無駄だと思う。」

「マスコミ煽りすぎ、知事の対策会議はただの報告会(笑)」

「最初の緊急事態宣言ってさ。本当に人がいなくてここは札幌か!?って思ったけど、今普通に人歩きすぎてて意味なし」

「対策会議して、仕事やってますアピールだけは一丁前だな。」

「飲食店だけじゃなく、全てロックダウンしないと本当の対策にはならんよ」

「全く緊急事態宣言感がない」

「ロックダウン政策をして効果がなかったのになぜまたロックダウン政策をやりたがるのか?」

「人の仕事を奪うなよ、生活できなくなる。」

「旅行の予約入れてたのにいきなり緊急事態宣言?旅行のキャンセル代全部国が持ってくれるのか?」

と、幾度となく繰り返される緊急事態宣言に対して不満の声が上がっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA