モデルナワクチンに異物混入。それによる健康被害が明らかに。

新型コロナワクチンのモデルナに異物が混入していることが発覚しました。

異物が混入されていたことが発覚したことで該当のモデルナ製品ワクチン163万回分の使用を見合わせとなりました。

モデルナはアメリカ合衆国のマサチューセッツ州に本社を置くバイオテクノロジーの企業で、新型コロナワクチンのモデルナを創薬している企業です。

モデルナを目視確認すると黒い異物が入っていると報告があり、その中に金属片の異物が混入していることが発覚しました。

それに伴い、対象のロット番号のモデルナのワクチン接種を見合わせました。その数は163万回分とのことです。

厚生労働省からは早急な原因の解明を進めるとのこと。

この報道に伴い以下のようなコメントが集まりました。

「目視でわかる異物とか、どんな杜撰な管理下でワクチンつくってんだよ…」

「もろに対象ロット番号のコロナワクチン接種したんだが。」

「よく確認したら気づくのだろうけど、気づかずに異物混入されるとか普通にありそう。」

「異物が原因で後遺症とか、健康被害おきたりしないのかな。不安です。」

「モデルナとファイザーは輸入品です。他の国でも同じようなことが起きてるに違いない。」

「流石にこれはモデルナ側の問題だろ。管ちゃんを責めるのはお門違い。」

「よくよく考えたらモデルナの副反応って金属アレルギーなんだよな。」

「ワクチンの異物混入は総理大臣の責任ではない。なのに管ちゃんに責任責任なすりつけようとするのヤバいw」

「金属片ということはマイクロチップでも埋め込まれたのか?」

「これはモデルナを製造したところに問題がある。」

異物混入によるワクチン接種の不安と責任問題について多くのコメントが寄せられた。

ワクチン接種による副作用と金属アレルギーによる副作用が類似している点については、健康被害と症状が一致しているため、その可能性があるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA