綾瀬はるか新型コロナウィルスに感染して入院!コロナワクチンは接種してたか?

綾瀬はるかが新型コロナウィルスに感染していることが31日に判明した。

事務所の公式ホームページホリプロで発表されたことを受けてコロナ感染の事実が発覚した。

綾瀬はるか(36歳)は8月20日に微熱があり、抗原検査を実施。その翌日の21日にはPCR検査を実施したがどちらも陰性の反応でした。

しかし、26日に再度抗原検査を実施したところ新型コロナウィルスの陽性反応が出たことが判明しました。

自宅療養をしていましたが、肺炎が発症したため緊急入院となったようです。

現段階では順調に回復しているとのことでした。

綾瀬はるかさんは新型コロナウィルスの予防のためのコロナワクチン接種をまだしていなかったようで、

9月に接種予定のところで先に新型コロナウィルスに感染してしまったようです。

今回の報道を受けてネット上では以下のようなコメントが寄せられています。

「コロナにかかっても、上級国民はすぐ入院することができるんだな」

「誰と濃厚したかは気になる」

「コロナワクチンまだ接種してなかったのか!後遺症が怖いね。」

「症状はどうあれ、有名芸能人はすぐ入院できるよね。」

「回復に向かってるとのことで一安心だが、油断は禁物だね」

「綾瀬はるかコロナになってたのか。何はともあれ無事でよかったよ」

「上級国民とか言って駄々こねてる奴らなんだよw」

「綾瀬はるか推しなんだがコロナに感染した報道聞いてショック」

「ありゃ、コロナにかかってたのか。入院できてよかったね。」

「やっぱり人気の人は露出が多いし、コロナにかかるよ。」

「肺炎症状で回復に向かってる?芸能人は何人飛ばししてるんだよ」

綾瀬はるかに対しての心配の声と有名芸能人が入院できていることに対しての一般人の不満の声が半々となっている状況で、

すべての国民が十分な医療を受けれる体制を望んでいる声が多く見受けられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA