【緊急地震速報】石川県能登地方で震度5弱を記録!津波の心配はなし

9月16日の午後6時42分ほどにマグニチュード5.2を記録した。震源地は石川県能登地方で震源の深さは10キロほどです。

この地震による津波はありません。交通機関であるJRは平常通り運行としているようです。

停電や死傷者などの情報はまだ入っていませんが、強い揺れを観測したとのことです。海岸付近には近寄らないよう警告がなされています。

能登地方では過去の平成19年に震度6を記録したことがありました。その際の被害状況ですが、死者1名、負傷者336名、住宅全壊609棟、住宅半壊1740棟を記録したことがあります。

この地震は能登半島地震と呼ばれ、石川県の人々に大きな記憶として埋めこれました。

今回の地震では、能登半島地震ほどの被害報告が現状出ていない模様です・

今回の石川県の緊急地震速報について国民の関心は?

以下のようなコメントが寄せられました。

「大きな被害がないことを願いたいです。」

「いきなりのことでびっくりしました。すぐテレビつけました。」

「地震は本当に忘れた頃にやってくるからね。防災意識を忘れないように。」

「震度も浅いし、今後も警戒を続けたいですね。」

「能登半島って海底が落ち込んでるところあって、あそこが揺れるとなると怖いよね。」

「石川県の人大丈夫でしたか?」

「東京で起きたら大ごとだけど石川県なら影響ないから大丈夫。」

「能登みたいないなからいいんです。地震が起きたって。」

「この地域って結構自信あるよね。日本海側から大きな地震が来るなんてあんまり予想できないけど。」

「石川県は過去に6度強の地震が起きたことあるよね。」

「昔東京都知事が石川県で6度強の地震が起きた時に「強い地震はああいう田舎ならいいんですよね。」と言っていた記憶がある。」

「北朝鮮がまだ何かしたのかと思った。」

能登半島は何度か地震が起きる地域のようですね。石川県だったら地震が起きてもいいなんてことはないと思いますが、被害がないことを祈りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA