植松伸夫さんの師である作曲家すぎやまこういちさんが死去 原因は病気? ドラクエの名作を輩出

作曲家のすぎやまこういちさんがお亡くなりになられたことが9月30日に発表されました。

すぎやまこういちさんはドラゴンクエストを作曲するなどゲーム音楽業に大きく貢献した方です。

お亡くなりになられた原因は敗血症性ショックのためでした。享年は90歳です。

すぎやまこういちさんはドラゴンクエストの交響組曲「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」を作曲するなど、誰しもが一度は聞いたことがある作曲をし、名作とも言える曲を世に輩出してくれました。

あのファイナルファンタージの作曲家で有名な植松伸夫さんが すぎやまこういちさんのことを師と仰いでいました。

FFの作曲家である植松伸夫さんいわく「すぎやまこういちさんは自分を見出してくれた」と語っており、すぎやまこういちさんに対して絶大な信頼をおいていたのが伺えますね。

ファイナルファンタージの作曲家である植松伸夫さんも体調が優れない模様

植松伸夫オフィシャル公式サイトでは、2018年から植松伸夫さんの体調が悪いため長期休養することを発表していました。

ドラゴンクエスの作曲家であるすぎやまこういちさんがお亡くなりなられましたが、植松伸夫さんも亡くなってしまうとのではないかと心配の声が上がっていますね。

すぎやまさんの後継者は植松伸夫さんか?

すぎやまさんがお亡くなりになったことによりドラクエの曲を制作するのは誰なのでしょうか。

FFの作曲家である植松伸夫さんがその意思を引き続くのではないかという声も出ていますが、FFとドラクエはまた別物ですから違う方が意思を引き継いでほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA